山下ゆりさんの「Hurry UP!!」(ハリーアップ)のレビュー・効果・口コミ・内容暴露

バストを吊り上げる小胸筋の筋トレ

大胸筋を鍛えることは、
バストアップに大切だと
知っている人は多いと思います。

 

ですが、バストアップするためには、
同時に小胸筋も鍛える必要があります。

 

 

小胸筋は大胸筋の奥にある筋肉です。

 

小胸筋はインナーマッスルと
呼ばれている筋肉になります。

 

小胸筋は大胸筋よりも
血管に近い場所にあるため、
鍛えることで血液循環が良くなります。

 

血液循環が悪い状態だと、
バストの発育に必要な栄養分が
十分に届きません。

 

バストの周辺を中心に血行を改善することで、
バストにしっかり栄養を供給できるようになります。

 

また、小胸筋を鍛えることで、
胸が垂れるのを防ぐことができます。

 

大胸筋と小胸筋を同時に鍛えることで、
ツンと上を向いた綺麗なバストになります。

 

デスクワークやスマホ、読書、運転などにより、
小胸筋は全く使われずに固まった状態になります。

 

こうなるとバストアップの妨げになります。

 

小胸筋のストレッチや筋トレは、
バストアップだけでなく
猫背や肩こり、冷え性、血行の改善など
様々な効果が得られます。

 

小胸筋のストレッチや筋トレを行い、
凝りを改善して小胸筋のケアを行いましょう。

 

それでは小胸筋のストレッチと
筋トレを紹介しますね。

 

【小胸筋のストレッチ その1】

 

1.正面を向いて壁の前に立ち、
腕を上げて壁に手をつきましょう。

 

 

2.そのままゆっくりと上体を前に倒しましょう。

 

<ポイント>

 

鼻からゆっくりと息を吸ってお腹を膨らませます。

 

口から息を吐いてお腹をへこませます。

 

20〜30秒ほど行いましょう。

 

【小胸筋のストレッチ その2】

 

1.壁を右横にして90度の角度で立ちます。

 

2.壁側の足を一歩だけ後ろに下げます。

 

※左足が前、右足が後ろの状態になります。

 

3.右手を上げて右の壁に手をつけます。

 

4.顔は正面を向いたまま壁に体を寄せます。

 

手のひら以外は壁から離れている状態で、
脇が伸びるような感じになります。

 

5.4の状態から徐々に手のひらだけを
後ろに移動して角度を変えます。

 

6.反対側も同じように行います。

 

<ポイント>

 

入浴後など血行が良い状態で行うと
怪我などのリスクも少なく効果的です。

 

【小胸筋の筋トレ その1】

 

1.椅子や台などに後ろ向きで手をつきます。

 

2.膝を90度くらいに曲げて
腕に体重をかけます。

 

 

3.2の状態からゆっくりと
肘だけを曲げていきます。

 

4.3の状態からゆっくりと
肘だけを伸ばしていきます。

 

これを1日に5〜10回程度行いましょう。

 

小胸筋を鍛えると同時に
二の腕も鍛えることができます。

 

<ポイント>

 

脇が開かないようにします。

 

手の幅は肩幅くらいで
指先をなるべく正面にします。

 

【小胸筋の筋トレ その2】

 

1.2〜3キロ程度のダンベルを持って、
膝を立てた状態で仰向けに寝ます。

 

※ダンベルが無い場合は、
500mlのペットボトルでもOK。

 

2.両腕を床から離して肘を90度に曲げます。

 

 

3.2の状態から息を吐きながらゆっくりと
両腕を胸の位置に移動します。

 

4.息を吸いながらゆっくりと腕を元の位置に戻し、
床につける直前で止めます。

 

これを1日に10回行いましょう。

 

<ポイント>

 

小胸筋を意識しながら、
ゆっくりと動かしましょう。

 

次回はバストアップに効果のある
三角筋の筋トレを紹介しますね。

 

続きを読む>>>

関連記事